HOME リンク 案内図 お問い合わせ 休診日等のお知らせ 当医院について 治療について 雑談・雑記 what'snew 佐藤歯科医院
<< サウンドブラスト。 | main |

小児歯科について。

よく歯科医院の標榜に「歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科」と言った物があります。
これは誰でも見てすぐどういうものかイメージは付くとは思いますが。

「歯科」は、一般歯科と言われる事も多いかもしれません。
虫歯治療や歯周病治療と言った歯医者の仕事の一般的なイメージそのままで良いと思います。
「矯正歯科」もわかりやすいですかね。
この歯科矯正は、一般の歯科医が行ってる物と、矯正の専門医が行っている2つのパターンがあるように思いますが。矯正治療はとても奥深い物で個人的に軽い気持ちで手を出すのは辞めておこうと思い。希望する患者さんに当院では信頼の置ける矯正の専門医さんをご紹介するなどの対応をしております。
もちろん解る範囲での相談には乗るようにしていますが、治療はしておりません。
そして、割と境界があやふやなのが「小児歯科」「口腔外科」じゃないかと思います。
「口腔外科」は抜歯から始まり、外傷や口腔粘膜疾患等に対する治療ですが、全身的な麻酔などが必要だったり大きな手術をするとなればそれなりの設備が必要になるため、せいぜい小手術程度の対応になってしまうように思います。それは口腔外科の標榜を掲げていない一般歯科医でもある程度治療を行える範囲になるので、やはり本格的な外科治療は上田市だと信州医療センターなどの大きい病院での口腔外科に紹介して加療してもらう方向になるように思います。

さて、だいぶ前置きが長くなってしまいましたが。。。
「小児歯科」は一般の歯科治療に準じた治療である一方、乳歯と永久歯の違い、生え変わりのタイミングなどでの様々な小児歯科特有のケースでありますが、特殊な症例などを除けば小児の治療自体は大抵の歯科医なら対応できるのでは?と思っています。
当院でも比率的にはそこまで多くは無いですが、子供達が通院してきたりします。
その中で子供の治療をする場合の一番の問題は何かと言うと、怖くて、痛くて、治療が嫌で治療を受けるのを頑なに拒否してしまうお子さんです。
治療をしなければ、後に続く永久歯にも悪影響を及ぼすことがあるので、出来る限り治療はしなければなりません。でも、頑として口を開けないお子さんというのは少なからず居ます。そしてそういうお子さんほどむし歯が多い傾向にあるようにも感じます。
そういう子供に対しての対応出来るというのが、ポイントになってくるのでは無いかと。
治療中に暴れてしまうのも危険ですので、体を拘束するノウハウや設備を完備し、衛生士もそれに対する対応に慣れていて、口を開けさせる開口器も速やかに使え、大泣きする子供に怯むこと無く治療を続行する鉄の意志。
残念ながら、当院では限界があります。親御さんと相談して場合によっては専門の先生にお願いすることもあるとおもいます、。
少しづつ治療に慣れさせながらゆっくりやっていく事で出来なかった子が段々と治療をさせるようになってくれる。そういったケースは対応出来ますが。どうしてもそこまでになってしまいます。

基本的に歯科治療は大人でも苦手という方は多いです。それが子供ならなおさらです。
やはり一番は毎日の歯磨きを大人が管理してあげて、むし歯を作らないというのが大事になってきますね。
佐藤歯科医院 長野県上田市