HOME リンク 案内図 お問い合わせ 休診日等のお知らせ 当医院について 治療について 雑談・雑記 what'snew 佐藤歯科医院

サウンドブラスト。

院長の若かりし頃に購入した、サンドブラスト。
少なくとも三十年以上昔の購入だと思われます。

サンドブラスト旧

子供の頃、大好きだった本「海底二万里」の挿絵に出てくる潜水服の様な物々しさで、この機械がお気に入りだったのを覚えております。

サンドブラストと言うのはとても簡単なメカニズムなので今でも使おうと思えば使えるのですが。
そこは人の子。
新しい機械にチェンジしたいなと前々から考えておりました。

そして、この度。
長年の夢を現実に。

サンドブラスト新

新型のサンドブラストを購入に踏み切りました。
と言っても、内部に光源がある。。。程度の差ではありますが。
使っていてとても嬉しくなってしまいます。

患者さんのお口に入るセット物が。
見る見るうちに研磨されていくのです。

また1つ。
仕事が楽しくなりました。

口腔外バキューム。

入れ歯や仮歯などを調整したりするとき、我々は「エンジン」と言うもので削ります。
歯を削ったりするときに使う風で風車を回して回転力を得る「エアータービン」と動力の違いで「エンジン」と呼んでいるんだと思うのですが、この「エンジン」に付けた刃物を回転させる事でプラスティックを削たりします。

そして
その時に問題になってくるのが「削りカス」です。
削る量にも拠るのですが、かなり回りに飛び散って汚れます。

以前勤めていた医院などでは、そう言った処置があると次の患者さんをお通しする前に箒で掃除したりしてから通したりしていました。
しかしうちは診療台の数もスタッフの人員もギリギリ。
そう言ったちょっとした手間を無くせたら。。。と言うことで口腔外バキュームを使っています。
実際、本当の意味での口腔外バキュームは歯を削ったりするときに出るエアロゾルなども吸い取れる物ですが、うちのは技工的な場面のみで活躍するものです。
口腔外バキューム

写真のようにこのプラスティックのケースの中でガリガリと削ります。

初めは限られたスペースでの作業がとてもやりづらく感じましたが、半年ほど使っているとだいぶ慣れてきますね。
今では入れ歯などを削るときは、この中でないと気持ち悪いくらいにまで馴染んできました。

いつかうちの診療所で治療をする機会がございましたらチェックしてみてください。

スリッパ。

新しい診療室の方では、動線分離と言うタイプの診療所となっています。
この動線分離と言うのは、患者さん達が移動するラインと僕ら医院のスタッフが移動するラインを分けている方式です。
解りにくいと思いますが、その内細かい説明のブログを書こうと思っていますのでよろしくお願いします。

それで、動線分離をしている医院では稀に患者さんが土足で院内を歩くようにしている事があります。
土足にする事で、院内が汚れやすくなります。
雨の日などは床が濡れますし、入り込んだ泥が乾燥して舞い上がる事も想像できます。

それでも尚、土足にしようとするにはどんな訳があるのでしょうか。

一番は、スリッパの扱いじゃないかと思います。
患者さんが何人も居れば、考え方、価値観が分かれるのは当然ですが、稀にスリッパの共用と言う事に強い抵抗感を持つ患者さんがいらっしゃるのです。
実際、患者さんの中には「マイスリッパ」持参の方もおられます。

例えばよくスリッパを重ねて置いてある施設などありますが、あれはスリッパの床に接する部分が他のスリッパの中側に入るようになる為、特に抵抗を感じる方が多いようです。
そういう方式は選択する訳には行きませんね。

佐藤歯科医院では院内の清潔度を優先しようと考え、土足禁止にし、スリッパを導入することにしたのですが。
医院のスリッパをなるべく抵抗感無く履いて頂こうと言うのが滅菌ボックスだったりするわけです。
スリッパ滅菌ボックス
そのほかにも定期的に拭いたりして、なるべく清潔を保つ努力をしております。

ちなみに・・・皆スリッパボックスの上のほうのスリッパばかし履くので、下の段のスリッパのほうが使用率が低いです。

診療台。

歯医者と言えばあの診療に使う椅子が基本となります。

現在
旧診療室に2台(オサダ1台、ヨシダ1台)
新診療室に2台(タカラレーベン2台)
計四台設置してあります。

各メーカー、知恵を絞り色々なアイデアに富んだ椅子を作ります。
その中で、デザイン、使いやすさ、価格などから選ぶわけです。

自分の使ってるタカラレーベンの診療台はライトに鏡がついているので、見ようと思えば口の中を削られてる様などを克明に見ることも出来ます。
ただ視線を強く感じると、どこと無くプレッシャーを感じる物で、患者さんの目は閉じていたほうが自分は気が楽な気もしますが・・・

それと最近の診療台は生体工学などの進歩によりずいぶんと体にフィットするようになってるなと感じます。
昼休みにちょっと横になって・・・zzz。

佐藤歯科医院 長野県上田市