HOME リンク 案内図 お問い合わせ 休診日等のお知らせ 当医院について 治療について 雑談・雑記 what'snew 佐藤歯科医院

麻酔をするかしないか。

無痛治療と間接的に関連する話です。

前回の無痛治療。でも記述しましたが、歯を削る時に発生する痛みをなくす為に麻酔を打ちます。
そして麻酔を打つときにも若干痛みが出ることがあります。
さらに麻酔をすると、治療が終わった後でもしばらく麻痺感が続き不快感を感じる場合があります。

子供の場合にまれにあるのが、麻酔後の咬傷です。
麻酔で頬の感覚も鈍るので、気がつかないうちに頬を噛んでしまう事があります。

現在一般に使われている麻酔薬は、かなり昔から使われている為安心感は多いと思います、しかしやはり薬物を体内に入れるので100%の安心があるわけではありません。

そこで、麻酔をすることで得られる利点と、麻酔をすることのリスクを天秤にかけて歯科医師は麻酔をするかしないかを判断します。


歯を削る時の痛みは、削る時に発生する熱や振動などが原因で出ます。
乳歯や生えたて永久歯などは歯質が柔らかく、削る時に比較的弱い圧で削れるので歯を削ってもあまり痛みが出なかったりします。
もちろん深い虫歯で神経に近いところまで削る時はそれなりに痛みが出ることはありますが。。。
大人の歯でも小さい虫歯なら削っても痛みが出なかったりします。

そういう条件等で僕らは麻酔のするしないを判断していきます。

無痛治療。

誰もが望む無痛治療。
患者さんももちろんですが、私たち歯科医師にとっても夢の治療です。

「麻酔をして痛みの無い状態での治療。」
これは無痛治療に入るのでしょうか。
ある意味、無痛治療の基本とも言えるかもしれません。

この場合、痛みが発現する可能性が考えられるのが麻酔を打つとき。
そして麻酔の時の痛みは、
/砲鮖匹垢箸。
∨秧豈佞鮹軻するとき。
この二つがメインとして考えられます。
,鯡気す為に、表面麻酔と言う塗り薬を使用する事があります。
他に針を刺すときに躊躇わず、一気に行くことも大事ですね。
なるべく細い針を使うことで、刺入時の痛みを軽減させることも出来ます。
△鯡気す為には、麻酔液を一定の速さでゆっくりと注入していくことが大事になります。
院長は電動の麻酔器具を愛用しています。
あとは、麻酔を段階ごとに分けて、ちょっとづづ効かせて行くやり方もあります。
以前勤めていた診療所には「シリジェット」と言う針の付いていない麻酔器具があり、それを予備麻酔として使用する事もありました。

麻酔1つでも色々苦労して打つのですが、時には麻酔が効き辛い例もあります。
そう言う意味では、万能とは呼べないのかもしれませんね。
佐藤歯科医院 長野県上田市